スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使役犬

先日アメリカに住む友人がレストランでDiabetic Alert Dogに会ったよと教えてくれた。

私はてっきり糖尿病の犬か
糖尿病一歩手前の注意が必要な犬のことだと勘違いしたんだけど
よくよく聞くとそうじゃなかったw

先天性の糖尿病の人たちは(生活習慣でなる糖尿病ではない)
定期的にインスリンを補わないといけない。

インスリンや薬物治療をしている人たちの多くがその影響で
低血糖になりやすく、一歩間違うと死に至る。
その低血糖になるのを臭覚で教えるというのがこの犬の仕事らしい。

犬の臭覚は100万倍~1億万倍
まさか低血糖まで分かってしまうとはびっくりですね。
そのうち嘘をついている人間まで見破る犬が出てくるんじゃないだろうかw

私はこういった使役犬を使うのは反対だ。
低血糖を知らせるのも犬である必要があるだろうか?

この仔たちはどんな理由にせよ、人間のために動かなければならないし
毎日ものすごい訓練を受け
日々、考えられないようなストレスにさらされている。

たまに保健所から引き取られ使役犬になる仔がいて
死ぬよりいいじゃないか!という人もいるけれど
それとこれとはまた別の話だと思う。

知っているだろうか?これらの多くの仔たちが
平均寿命よりも明らかに短命で亡くなっていく。

痛いときに痛いとも言えず、辛い時に辛いと思ってもいけない
感情をコントロールして扱っているそれは
どんなに愛情があると言っても、機械と変わらないのでは?

SF映画のように高性能な機械やロボットが当たり前に存在する世の中だったら
この仔を果たして使っていただろうか?

便利な機械がまだ存在ないからといって、他の命ある生き物で補おうとするのは
おこがましいことだと思う。
スポンサーサイト

Category: 動物愛護

愛犬の育て方

今日TVを点けたら育児番組がやっていて
そこでこんなことを言っていました。


最近のお母さんは本やネットで色んな情報を得るため
どの情報が正しいか分からない。

『●●が良いという人もいれば
●●は悪いからしないほうがいいなんていう人もいて
余計育児が分からなくなる。

自分が正しいと思ってやっていることも
ひょっとしたら間違っているんじゃないか?と思うと不安でしょうがない。』

なんて言っていました。

回答しているプロの方が
育児は1人ではみてはいけない。
昔は色んな人の意見や色んな人の手が加わって子育てしてきた。
それが今はそうはいかなくなって母親の負担が増えてしまっているとか。

色んな情報で思案し迷って不安に思ったら
最終的にはその情報が「好きか嫌いか」で判断しなさい。っといっていました。

「なるほどな~」って思いました。

人間と犬を一緒にするなっていう人もいるけれど
犬育てって凄い似てませんか?

写真 (1)

色んな情報が拡散していますし、人によって言うことさまざまですよね?

ダーウィンがうちに来る前
飼うからには真剣に取り組まなければと
人に聞いたり本やネット等を読み漁って
情報だけはかなり豊富に頭に入っていました。

そしていざダーウィンを迎え

一般的に言われていたことや、やらなければならないことを実践すると
本当にいいの?っと疑問に思うことが出て
やればやるほど疑問が出ました。

そんな中、しつけやドッグトレーニングのランキングサイトで
常に1位になっているPONOPONOサイトを発見し
こういう人って本当に本やネットの情報みたいなことしてるの?
もっと厳しくしたら良い子になるの?っと

半ば冷やかしでサイトに行ったのを覚えています。

サイトにはこう書かれてありました。

「人間の乳飲み子をケージで囲って泣き止まないのを放置しますか?
犬だから、犬は大丈夫ってなぜ言えますか?」


犬だって産まれたら母親や兄弟と普通なら過ごしています。
それを数ヶ月で引き離され、わけも分からないところに連れてこられて
ケージに1匹で入れられて「泣くな!静かにしろ」というほうがおかしいです」

「犬は暗くて狭いところが好き」とよく言いますが
それはいつでも出られる環境飼い主がそばにいて安心できる場合を指し
ひとりケージで囲って「はい寝なさい!」っといった場合は含まれません。


これを見た瞬間、びびびーーーーーーーー!!!っと電撃が走ったのを今でも覚えています。


中にはこれを見てもピンと来ないし「何を言っているんだ」って言う人もいるかもしれません。


最初にも挙げましたが

私にとってはこの育て方が好き
一般的に言われている情報が嫌いだったんだな
って思います。

Category: 動物愛護

動物病院で愛犬を怒る飼い主

昨日のショパンのワクチン接種にダーウィンも行ったのですが
(ダーウィンはただの付き添い)

散歩してから病院へ行ったので
比較的ダーウィンのストレス状態も高くなく
私の足と足の間でお利口さんにお座りしていてくれた。

もちろん私はダーウィンに「おすわり」なんて指示は出さないし
ダーウィンは自ら私の足の間に座る。
リードを引っ張ったり短く手繰り寄せることもしていない。

こういうとダーウィンは凄い賢いと感じたり
どんなしつけをしているんだ?と思う人もいるだろうし
現に動物病院で隣り合わせたおばさん2人に
自分の犬と比べてダーウィンがあまりにお利口なので
「凄いお利口ですね。賢いですね」と言われたが

決してダーウィンが特別なんじゃない。


1人の人はひどくて、何度も何度も自分の犬に向かって

「お座り!お座り!なんで●●ちゃんはあの仔みたいに
 お座りちゃんと出来ないの! 落ち着きがなさすぎる」

「お座り!お座り!」と何度も愛犬に向かって言って
リードをぐいぐい引っ張って
挙句の果てには鼻を足で小突いていた。


その仔はがんばって一瞬お座りはするものの
落ち着き無くうろうろしていた。


はっきりと飼い主に「あんたが悪い!」と言ってやろうかと思ったが
ぐっとこらえて可愛そうなビーグルちゃんを見つめ
「大丈夫だよ。大丈夫。」とカーミングシグナルを出してみたが
あまりにストレス状態が高くて無理だった。


まず飼い主は全然分かっていない。

病院という閉鎖的な空間で多くの犬が集まり
今から何が起こるかわからない状況で
落ち着け!座れ!なんて言ったって
落ち着けるわけないだろ!

じゃぁ聞くがエレベーターで見知った人が誰もいない中で
何分も、最悪何時間も待つ環境だったら
あなたはソワソワドキドキ、ハラハラしないのか?

無理にお座りお座りなんて連呼したって余計に悪化するだけだ。

胸をなでてあげたり
ひざに乗るのが好きな子ならばひざに乗せてあげたり
最悪自分の番が来るまで外で待機したり

質の高い散歩をしてから病院に来い!


自分の犬がおばかなんじゃない。

Category: 動物愛護

犬の献血・供血について

みなさん犬の献血ってご存知ですか?

輸血用の血を提供することを供血(きょうけつ)といいますが

愛犬が元気で外科手術をしたことがなかったり
去勢・避妊などをしていない場合
あまり気にしていなかったり、知らない人もいますよね?

私もつい最近まで犬の供血の仕組みも重要性もあまり考えていませんでした。
犬も人間と一緒で献血システム・血液バンクがあるんでしょ?って思っていましたしね。


それがどっこい日本では
犬猫の献血システムが確立しておらず
法で認められていない
んです。

なぜなんだろう?
人間と同じように手術したり、血だって必要のはずなのに。

現状としては
動物病院で飼われている輸血用犬猫からと
それでも足りない場合は一般犬猫から供血を募っているようです。


病院で飼われている輸血用犬猫と聞いてハッとしましたよ。
病院で見かける(飼われている)大型犬ってその役割のために飼われていたの?!って


中にはそんな理由ではなくただ身寄りの無い仔を引き取っているだけ
病院の医師や看護士さんの愛犬だったりすることもあるけど
これから獣医に行って大型犬がいたら考えさせられちゃうなぁ・・・

だからといって供血してくれる犬は必要だし
その仔の変わりになる犬がすぐに見つかるわけでもないし
そのおかげで命が助かった犬猫もいるだろうからね

なんとも複雑な気分です。



供血できる仔




犬の場合
1歳~6歳ぐらいまでの健康な犬
体重は20kg以上 (病院によって25kg以上のところもある)

毎年きちんと狂犬病予防接種・混合ワクチン接種・フィラリア予防が出来ていること。
過去に輸血を受けたことがないこと。
妊娠・出産の経験がないこと。

首の太い血管から採取するそうで採取する際に暴れない温厚な犬であることも重要らしい。
(もちろん麻酔なし)

量は犬の体重によって違うらしいが200~400ml採血するようです。


供血が出来ない仔





全身性の感染性皮膚疾患がある。    
これまでに血液媒介性の感染症に罹患または罹患した疑いがある(バベシア症や犬ブルセラ症など)
秋田犬

なんで秋田犬はだめなんだろ?と思って調べたら
赤血球細胞内のカリウム濃度が高いため、供血に向かないらしい。

Category: 動物愛護

これから犬を飼う人へ

犬を飼ってはいけない人とは

生活にゆとりが無い人だ


お金も無く、仕事もなく
仕事があったとしても忙しく、あくせく働き
時間の無い人は


犬を飼ってはいけない。


里親募集サイトを見ていると欲しいと言っている人の多くは
愛護や保護の観点から欲しいと考えている人が多いが

中にはタダでもらえるから、安くもらえるからという理由で
犬を貰い受けようという人がいる。

はっきり言って犬を買う段階でお金をケチる人は

そんな微々たる金額を惜しむよりも
これから先、犬と生活していく費用がどれぐらいで
ケチった金額よりはるかに費用がかかるってことを理解しているんだろうか?

以前、犬を飼う費用を計算した日記をUPしたことがあるのだが

今のダーウィンはほぼそれに近い費用がかかり
+アレルギーによる皮膚病やらなんやらの医療費が
2ヶ月置きぐらいに1~2万円ほどかかっている。

ダーウィンはシェルターからの保護犬なので
貰ってきた当初はワクチンとICチップ代もろもろでたったの7000円($70)だったが
今は全ての費用1ヶ月平均3~4万円かかっている。


当然、犬によって毎月かかる費用は違うけれど
給料とにらめっこしてぎりぎりの生活をしていたり
仕事と家の往復で犬との時間を持てない生活をしている人は

もうグダグダ理由つけて言い訳しないで

アイボでも買っとけよ。


カツカツ生活してて自分の生活費を犬になげうつ人なんてほとんど皆無でしょ?

糞もしないしさ。えさやら無くていいしさ。死なないしさ。
叩いても何しても虐待って言われないし鳴かないし
問題行動に困ることもないよ。散歩もいらないしね。

そうしてよ。

↓ほら見なよ。いろんな色いるしこっちのほうが素敵だってwww
AIBO

Category: 動物愛護
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。