スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグドア付けました。

朝起きるとすぐ
愛犬がいつでも庭に出られるように
今までは掃き出し窓を半開きで日中過ごしていました。
IMG_1298_20150527230409f8d.jpg

半開きということは虫でも鳥でも入ってきちゃう。
(ツバメさん結局、2度入った
中でも蚊・・・蚊だけは絶対に嫌!!ほんと嫌!!

で、買ってきました。 蚊取り線香w

IMG_1429.jpg

ホントはひと吹きで1日蚊が来ないスプレーが良かったんですが
我が家は総漆喰の家なので使えない。

なので掃き出し窓の出たところに地味に蚊取り線香焚いてます・・・。


愛犬たちが使用してくれるか微妙だったので
購入を迷っていたドッグドアもついに購入しましたw

タカラ産業 網戸専用 犬猫出入り口 Lサイズ
 
S・Mサイズの展開しかなかったこの商品
Lサイズが登場 イェイ♪
51-0dI6JIvL.jpg

中型犬用とありますが、ダーウィン(20kg)でも通れます。

必要なもの

良く切れるカッター 
プラスドライバー (電動はだめ)
※ネジは商品に入っています。

何も難しい作業はありません。
ドッグドアを取り付ける工程はメーカーさんの動画を見てねw



愛犬たちがマスターする時間は個体差があると思います。
根気良く、それでいて無理をさせず、無理強いは一番良くありません。

愛犬2匹とも使用してくれてほっとしてます。 (*^-^*)

IMG_1434.jpgIMG_1435.jpg

IMG_1436.jpgIMG_1437.jpg
スポンサーサイト

犬用足洗い場

犬用庭に面したところに足洗い場を設けました。


模型(夫の力作w)
写真
   ↑ここの部分。グレーの棒みたいのが水栓です。


出来上がった洗い場がこちら
IMG_1224.jpg


IMG_1246.jpg

屋外対応・温水も出ます。
冬でも凍らずステンレスだから錆びません。

よくある犬洗い場は地面に置いてあって
中腰姿勢で犬を洗わなくてはいけませんよね?
IMG_1248.jpg
私の丁度良い高さにしてもらいました。

シンクの高さをあげると
今度は大型犬を持ち上げるのが大変ですよね?

で、ウッドデッキの高さを利用して
愛犬を楽に入れられるようにしました。
IMG_1249.jpg

蛇口はシンク外まで曲がり
シャワーは奥と手前に掛けるフックを付けました。
(愛犬を洗うときにシンク内に蛇口やシャワーがあると邪魔になるから)

トイレスペースの改善

愛犬たちのトイレスペースの改善です。

トイレスペースの場所や詳細はこちら

■■■  愛犬たちのトイレ事情  ■■■

新居では庭もあるので室内トイレは
それほど使用頻度は高くないだろうと思っていたのですが
そんなことはまったくなく・・・

散歩でするのはもちろんのこと
「庭でトイレしてくる~」っと出て行って戻ってきて
室内でもトイレしてるなんてことも・・・


良くある犬用トイレ(画像お借りしています)
images (1)-tile

我が家の王子たちはこれらの商品でトイレをしてくれません。
理由(おそらく)
①床と段差がある。
②狭い。

そのため旧居ではピクニックシートの上に
トイレシートを敷くというトイレコーナーでした。

新居でも、とりあえず近所の100キンで購入した防水シート(爆)
IMG_0386_20150515212443d0d.jpg
本当はこのコーナーはクッションフロアにする予定でした。

何度も夫にかけあったのですが夫の中で
クッションフロア=あまり良いイメージが無かったため
許可してくれず・・・結局こんな変な状態に。 

あまりに酷いので
結局ホームセンターの消臭クッションフロアを敷くことにw
1239.jpg

汚れてもサッと拭けるし、丈夫なのでよれたりくたくたにならないので
もっと早くこうすれば良かったって思ってます。

裏面はシールになっているのですが
この下に点検口があるので貼り付けはしませんでした。
でもくるくる丸まったりすることもなくぴちーーーっと敷いてあります。

柄は色々あり迷いましたが
無垢床に偽物木目だと逆に浮いてしまうのでこの柄に。
IMG_1243.jpg

これ、大きいサイズのトイレシート1枚敷けば良いのにって思うでしょ?
IMG_1244.jpg
スーパーワイドやワイドサイズ2枚等敷いていたこともあるんです。

でもちょっとでもシートが汚れていると物凄い嫌がり
気をつけて見てはいますがたまにシート交換が遅くて汚れていると
わざとシートからはずしてしてしまうため大惨事だったのです・・・(TДT)

5枚敷けば汚れている部分だけ交換が出来るし
経験上、大惨事を比較的最小限に抑えることが出来ていますw

トイレシートの交換もそんなわけで回数が非常に多いため
畳んであるシートを開く作業が本当にめんどくさい。
IMG_1241.jpg
なので我が家ではある程度まとめて開いた状態にして
すぐに使用できるように準備しています。

開いた状態の商品があったらいいのになぁ・・・

犬仕様の外構

我が家の外構...イングリッシュガーデン風な植栽やレンガブロック
くるみの殻だったりアンティーク枕木が地面に並ぶ・・・なんてことはなく

7410.png

大したものじゃないんですよ?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      ①~④のコンクリート床  
      ③ウッドデッキ④犬用足洗い場   
      カーポート・カーポートゲート 
      外周フェンス           
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


安っいフェンスですが愛犬たちのために外周全て覆ったら
フェンスだけで130万円
(ll-д-)チーン

■■■    フェンス    ■■■
 
IMG_1092.jpgIMG_1094.jpg

我が家の王子様たちのために
いつでも自由に庭に出られるように全てを覆いました。

愛犬たちは脱走は無いですが万が一を考え
カーポートにもゲートをつけてます。

IMG_1126.jpg


犬への配慮、室内塗料

本当なら無塗装が良いんでしょうけれど
私の好みで我が家の床材や建具、その他建材はこげ茶色です。

そこで塗る塗料はなるべく安全なものをと考えました。

探していただいたのが 
大谷塗料のVATON(バトン)という塗料です。


●シックハウスに係るホルムアルデヒド、トルエン、キシレン等
 厚生労働省が室内指針値を規定している有機溶剤を配合していません

●塗膜が食品衛生法、食品添加物等の基準に適合する安全性があります。

植物油脂で出来ているため、一般的な塗料に比べて安心と言えます。

臭いですが無塗装と比べてもほとんど違いが分からない。
愛犬たちにも試してもらいました。

写真 2 (1)

塗装してしばらく経った廃材です。

写真 1

別段嫌がる素振りを見せませんでした。
ダーウィンは見ての通り、しばらく嗅いで特に問題なし。

ショパンもすぐに嗅いでくれたんですが写真は上手く撮れず・・・汗

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。